テナガザル(手長猿)は、霊長目テナガザル科(テナガザルか、Hylobatidae)に属するサルの総称。名前の通り、前肢の長さが特徴的である。 インド東端を西限、中国最南端を北限とし、バングラデシュ・ミャンマー・インドシナ半島を経て、マレー半島からスマトラ島、ジャワ島西部、ボルネオ島に至る地域。千年
10キロバイト (1,023 語) - 2020年2月9日 (日) 12:30



(出典 image.news.livedoor.com)


このテナガザル.モモはこの5~6年は1頭で飼育されいたらしく
不思議ですね。

1 oops ★

長崎県佐世保市の九十九島動植物園「森きらら」で妊娠するはずのない雌のシロテテナガザルが出産し、飼育員らに波紋が広がっている。この雌ザルは、おりの中で1頭だけ飼育されており、雄ザルと接触できない状態だった。園は子ザルのDNA型鑑定をして謎の解明に乗り出す。

シロテテナガザルのモモ(10歳)が子ザルを出産したのを園職員が発見したのは2月10日の朝だった。想定外の出来事に園は混乱した。妊娠期間とみられる約7カ月間、モモの腹が大きくなることはなく、変わった様子もなかったため職員らは誰も妊娠に気づかなかったという。

モモはこの5~6年は1頭で飼育されており、モモの隣のおりではシロテテナガザルやフクロテナガザルなどが飼育されていた。隣のおりとの境には金網や板が設置されているのに、なぜ妊娠したのか――。園は何度も会議を開いて話し合ったが、原因は判明しなかったという。園の担当者は「隣のおりの雄とどこかの隙間(すきま)で交尾した可能性が高い」と推測する。

園は、子ザルが乳離れした後に体毛か血液でDNA型を鑑定して父親を特定するとともに、おりの境界に新たに鉄板状の仕切りを設置する方針という。計画的に繁殖させることが基本の動物園にとって、予期せぬ妊娠、出産はあり得ない事態だ。園は「再発防止に努める」としている。【綿貫洋】


想定外の出産で園の職員らを驚かせたシロテテナガザルのモモと子ザル=長崎県佐世保市の九十九島動植物園「森きらら」で2021年3月9日午後2時7分、綿貫洋撮影

2021/3/9 20:36(最終更新 3/9 20:36)
https://mainichi.jp/articles/20210309/k00/00m/040/289000c


(出典 www.city.sapporo.jp)





40 ニューノーマルの名無しさん

>>1
美人の猿にかわいい赤ちゃん
いいねぇ


42 ニューノーマルの名無しさん

>>1
ん?なんか人間っぽさも無いか?


62 ニューノーマルの名無しさん

>>1
赤ちゃんの顔が人間・・・


100 ニューノーマルの名無しさん

>>1
人間みたいな顔の赤ちゃんやん


3 ニューノーマルの名無しさん

とりあえずお疲れ


9 ニューノーマルの名無しさん

猿小屋で生まれた神の子


86 ニューノーマルの名無しさん

>>9
神はご自身の似姿に象って我々猿をお造りになり…


12 ニューノーマルの名無しさん

おれの子かもしれない


45 ニューノーマルの名無しさん

>>22
ふむ...隣の檻のシロテテナガザルが*、その手で金網越しに雌シロテテナガザルとじゃれあう、雌シロテテナガザルが*、妊娠
なら不思議ないかテナガだし


54 ニューノーマルの名無しさん

どこかの隙間て書いてるやん


55 ニューノーマルの名無しさん

野生のサルが鉄格子の間から…


72 (; ゚Д゚)コロ猫映画(仮)9 ◆EFvlPnIYE33o

>>55
(; ゚Д゚)それだね


68 (。・_・。)ノ ◆jN6K3cbEWjLT

オレたちはコロナ禍で濃厚接触禁止を守ってきたのに、テナガザルときたら・・・
(´・ω・`)


77 ニューノーマルの名無しさん

>>68
お前はコロナ前からだろ


73 ニューノーマルの名無しさん

隣の檻との隙間w