泣かないホトトギス

ニュースや毎日の出来事を書いて行きたいと思います。

    カテゴリ: 芸能


    西川 貴教(にしかわ たかのり、本名同じ、1970年9月19日 - )は、日本のミュージシャン、歌手、作詞家、俳優、声優、タレント、ラジオパーソナリティ、実業家。滋賀県彦根市生まれ、滋賀県野洲市育ち。所属事務所はディーゼルコーポレーション(業務提携パーフィットプロダクション)。血液型はA型。身長161cm。既婚。
    69キロバイト (8,647 語) - 2020年12月11日 (金) 15:14



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    西川氏は年齢が50歳なのにあの筋肉、年齢でダメってことないんだね。
    いつまでも挑戦する気持ちがあるって、もう歳だからとは言えないね。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/12/13(日) 10:44:48.38 ID:CAP_USER9.net

    肉体美でも知られる歌手の西川貴教(50)が、12日に開催された美ボディーコンテスト「BEST BODY JAPAN 2020 日本大会」で初優勝したことを報告し、「僕だけの生き方で、僕にしか辿り着けない場所を目指しています」と思いをつづった。

    西川は12日、ツイッターで「大津大会で準優勝だった悔しさをバネに『MODEL JAPAN GOLD CLASS日本大会』に初出場し、お陰様で初優勝する事が出来ました」と報告。「支えてくれた全ての方々に心から感謝したいと思います。皆さん本当にありがとうございました。そして、出場された全ての選手の皆さん本当にお疲れ様でした」とつづった。

    その後のツイートでは、一部から寄せられる批判的なコメントにも言及し、「未だに『どこ目指してるんだ』と聞かれますが、誰かと同じ場所なんて最初から目指してません。僕だけの生き方で、僕にしか辿り着けない場所を目指しています。起こった事象に批判だけするのは、自ら誰かの人生のエキストラになってるのと同じですよね。皆んな自分だけの物語の主人公になりましょうよ」と思いをつづった。

    西川は先日、美ボディーコンテスト「BEST BODY JAPAN 2020」の滋賀大会に一般出場し、「ゴールドクラスで優勝、モデル部門で準優勝しました」と報告。日本大会に出場する意向を示し、意気込みをつづっていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/788dab0a15bcac7f8c1c04db35f7ce53520abadd

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【西川貴教】年齢じゃないね。美ボディ大会優勝・】の続きを読む


    授賞式を行った。第1回大賞受賞者は三谷幸喜であった。 2007年(平成19年)4月、橋達也が第9代会長に就任した。 2011年(平成23年)6月、小松政夫が第10代会長に就任した。 2013年(平成25年)4月4日~4月5日、日本喜劇人まつり2013を東京・日本橋の三越劇場にて上演。
    7キロバイト (964 語) - 2020年5月11日 (月) 08:58



    (出典 post.tv-asahi.co.jp)


    小松正雄さんが亡くなっていた事がわかりました。
    昔は色々と面白い事をやってましたが最近はみかけませんでしたね。

    1 ブギー ★

    https://news.yahoo.co.jp/articles/be1a5a1e579efd654adeb11c0c03f962c85c5439

    小松の親分さん」や「しらけ鳥」のネタや歌で昭和の人気コメディアンとして活躍した、俳優の小松政夫(こまつ・まさお、本名・松崎 雅臣=まつざき・まさおみ)さんが亡くなったことが分かった。78歳だった。福岡県出身。

     1942年(昭和17年)生まれ。福岡の県立高校卒業後、61年に俳優を目指して上京。さまざまなアルバイトを経験した後、自動車のセールスマンに。敏腕セールスマンとして高収入を得ていたが、雑誌の片隅に出ていた植木等さんの「付き人募集」を見て応募し、64年から付き人兼運転手となった。

     俳優志望だったことを知った植木さんらの尽力もあり、徐々にテレビへ出演。昭和30年代から40年代にかけ人気番組だった日本テレビ「シャボン玉ホリデー」でセールスマン時代のエピソードをもとにした「見ろ!お前のせいで怒られちゃったじゃないか。もう、知らない、知らない、知らなぁーい、もー!」がうけて人気に。その後も映画評論家の淀川長治氏のものまねや伊東四朗との名コンビで人気となった、テレビ朝日「みごろ!食べごろ!笑いごろ!」(76年10月~78年3月)からは「しらけ鳥音頭」がヒット、TBS「笑って!笑って!!60分」(75年4月~81年3月)では「小松の親分さん」などのネタが子どもを中心に話題となった。


    【また昭和の世代の芸人さんが・寂しいです。】の続きを読む

    このページのトップヘ