泣かないホトトギス

ニュースや毎日の出来事を書いて行きたいと思います。

    カテゴリ: コロナ


    variant」と呼ばれることもある。 ^ a b 『英首相「変異種 死亡率高い」』 読売新聞 2021年1月24日 朝刊〈オンライン版〉 ^ “コロナ変異種は死亡リスク高い恐れ、ワクチンは有効=英首相ジョンソン”. ニューズウィーク日本版. (2021年1月23日). https://www.newsweekjapan
    6キロバイト (643 語) - 2021年2月23日 (火) 01:34



    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    イギリスでのコロナワクチン接種の効果は? 


    1 影のたけし軍団 ★

    英政府が22日公表した暫定データによると、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した
    新型コロナウイルスワクチンを80歳以上の高齢者層に投与したところ、感染例が大きく減少した。

    ワクチンが完全な防御を提供するとはいかないまでも、大きな効果があるという証拠が増えている。

    この暫定データは、まだ他の専門家の点検を受けていない。
    それでも全世界で少なくとも約250万人の命を奪った伝染病から脱出できるという楽観論の根拠になりそうだ。

    新データには高齢者層でのワクチン接種効果の分析、予防接種済み・未接種の医療従事者の感染動向調査、
    スコットランドで500万人余りを対象にした大規模なワクチン接種調査などが盛り込まれた。

    イングランド保健当局によると、ファイザーとビオンテックのワクチンを1回接種すると、
    80歳以上の層ではワクチンを投与されていない人に比べて感染例が57%減少した。2回接種すると、減少率は88%に上昇した。
    https://jp.wsj.com/articles/SB10156667840882734429104587300352466372484#:~:text=%E6%84%9F%E6%9F%93


    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    【【イギリス】コロナワクチン接種で 減少率80%】の続きを読む



    (出典 www.news24.jp)


    東京都の緊急事態宣言は、解除できるか?
    オリンピックを視野に入れているからどうしても感染者を減少させたい。

    1 砂漠のマスカレード ★

    五輪最優先の菅政権にも思惑

    緊急事態宣言の期限である3月7日まで2週間。ここに来て、新型コロナウイルスの感染者数の減少ペースが鈍化している。中途半端な減り方で宣言を解除すると、すぐに再拡大のリバウンドが来る。東京五輪を開催するかどうか、判断のタイムリミットも近づく中、宣言の「再延長」も現実味を帯びる。

     東洋経済オンラインが算出している全国の実効再生産数は今月13日時点で0・73まで下がったが、じわじわと上昇し、19日時点では0・85だった。緊急事態宣言下の10都府県のうち、愛知、京都、福岡を除く、7都府県は前日比プラス。感染拡大を意味する「1超」ではないが、減少鈍化は明らかだ。

     さらに、悪材料なのが変異株だ。変異株の感染者は国内で相次いで確認され、警戒が強まっている。変異株が広がれば、あっという間に感染者数が急増する恐れがある。

     18日の都のモニタリング会議では、変異株流行前の徹底的な感染減少が議論になった。会議後、国立国際医療研究センターの大曲貴夫医師は変異株の流行に備えた場合の1日の新規感染者数について「(変異株が)増えてくるかの端緒をつかむとなると50(人)以下くらいじゃないかという話がある」と語っている。緊急事態宣言を解除するメドのひとつが、東京の場合、1日当たりの感染者数が50人ということだ。

     東京の21日確認された感染者数は272人と15日連続500人を下回ったが、まだまだ多い。変異株の脅威を考えれば、200人程度で宣言解除すればリバウンドが目に見えている。

    IOC総会と聖火リレー

    そこで現実味を帯びているのが、緊急事態宣言の首都圏再延長だ。

     東京五輪の開催を最優先に考えている菅政権も“再延長”に動く可能性がある。

    「3月10~12日にIOC(国際オリンピック委員会)の総会があり、同25日からは聖火リレーが福島からスタートすることになっている。感染者が減り切らない状態で、3月7日に予定通り、宣言を終了すれば、五輪を巡ってデリケートな時期に感染者数が再拡大する可能性がある。宣言が終了すれば人々の活動は活発になりますからね。五輪開催のために、1週間か2週間、菅政権が首都圏の宣言再延長に踏み切る可能性もゼロではないでしょう」(官邸担当記者)

     西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏が言う。

    「都の感染者数が抑えきれない中、緊急事態宣言の再延長もやむを得ない。ただ、こういう事態を招いたのはコロナ政策が失敗したからです。年末までGoToを継続し、緊急事態宣言も後手になった。第3波は、第1波よりはるかにスケールが大きいのに緩い規制にとどめたため、結局、短期間で収束できなかった。政府が昨年秋からマトモに第3波に向き合っていれば、スムーズに五輪を開催できたかもしれません」

     再延長はあるのか。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210222-00000015-nkgendai-life
    2/22(月) 14:30

    前スレ 2021/02/23(火) 00:03
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614006202/


    (出典 i.ytimg.com)


    【【コロナ】東京都感染者がもっと減少しない限り緊急事態宣言は解除できない?】の続きを読む



    (出典 omg-contents-production.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    めがねをかけている人はコロナに感染しにくいっていう研究結果があるって!

    1 影のたけし軍団 ★

    メガネは新型コロナウイルスの感染を予防するため、メガネをかけている人はかけていない人よりも
    新型コロナウイルスに感染しにくいことがわかった。

    サンデー・テレグラフが、インドの研究者たちが実施した研究を引用して報じた。

    研究者らによると、メガネをかけている人はかけていない人と比べて目に触れる回数が少なくない。
    研究者らは「人が顔を触る回数は1時間当たり平均23回、目に触れる回数は1時間当たり約3回目だ」と指摘し、
    メガネは顔を触る回数を減らすと説明した。

    研究者らは、メガネが粘膜を通じてコロナウイルスが感染するリスクを低減する保護バリアとなり得ることを証明した。

    研究者たちは、メガネを1日に8時間以上かけている人は新型コロナウイルスに感染しにくいことを明らかにした。
    https://jp.sputniknews.com/covid-19/202102228176314/#:~:text=%E6%84%9F%E6%9F%93


    (出典 www.paris-miki.co.jp)



    (出典 media.wwdjapan.com)


    【【コロナ研究】なるほどー! メガネをかけている人は感染しにくい。】の続きを読む



    (出典 www.wowkorea.jp)


    ブラジルでコロナワクチンを空うちって
    横流ししたそうですがどこまであさましいのでしょう。

    1 ひよこ ★

    https://www.sankei.com/world/news/210218/wor2102180024-n1.html
    2021.2.18 12:59


    (出典 www.sankei.com)

    ブラジル・サンパウロの摂取会場に運ばれたワクチン(ロイター)


     高齢者らへの新型コロナウイルスのワクチン接種が行われているブラジルで、医療関係者が注射器の針を刺すだけで接種のふりをしたケースが17日までにリオデジャネイロ州などで複数件報告された。警察は、ワクチンが横流しされた疑いがあるとみて捜査している。現地メディアが報じた。

     リオ近郊では家族らが気付き、医療関係者がワクチンの入っていない注射器の針を高齢者の腕に刺す動画をインターネットに投稿するなどした。関与した医療関係者は解雇され、接種のふりをされた高齢者は後日、あらためて接種を受けたという。同様の届け出はゴイアス州、アラゴアス州などでも報告された。

     ブラジルでは1月に国民向け接種が始まったものの供給が追いつかず、複数の都市で17日までに接種が中断された。(共同)


    【【ワクチン】ブラジルでワクチン接種のふりだけ 横流しの疑いで捜査】の続きを読む


    (2020年6月4日). 2020年6月4日閲覧。 ^ a b c 海外で開発されたワクチン確保に関する取組 - 厚生労働省 (PDF) ^ 新型コロナワクチンが無料 予防接種法改正案が成立 [新型コロナウイルス ] - 朝日新聞デジタル 2020年12月2日 ^ 令和3年1月18日 新型コロナワクチンの対応についての会見
    338キロバイト (48,836 語) - 2021年2月18日 (木) 22:31



    (出典 www3.nhk.or.jp)


    コロナワクチンが確保できていないと、
    情報が流れているが本当でしょうか?

    1 影のたけし軍団 ★

    「国内産、国外産の別を問わず、全体として必要な数量について、供給契約の締結を順次進める」

    2月5日に都内で開かれた自民党新型コロナウイルスに関するワクチン対策プロジェクトチーム(PT)の役員会。
    出席者に配られた「新型コロナウイルス感染症に係るワクチンの接種について(案)」と題する資料には、こんな一文が盛り込まれていた。

    政府はすでに複数の製薬会社とワクチンの供給契約を結んでいる。
    これと矛盾するかに見える「供給契約の締結を順次進める」との文言に違和感を覚えた自民党議員は、説明役の政府担当者に次のように問いただした。

    「今の段階で『供給契約の締結を順次進める』というのは、おかしい。文書作成時には気を付けてほしい」

    ワクチンが十分に確保できていないという印象を与え、誤解を招くという危惧があったようだ。
    だが、担当者はこの問いにはっきりと返答せず、後に一般公開された文書にも文言はそのまま残った。

    議員の指摘は、なぜ聞き流されたのか。内情に詳しい政府関係者が衝撃の事実を明*。

    「実は、政府が製薬各社と結んだ契約は全国民にワクチンを行き渡らせるのに十分なものではなく、
    供給スケジュールも実質的には白紙の状態です。具体的な供給契約の締結に向けた交渉をこれからも進めていかねばならない状況なのです」

    契約をめぐってはPTの複数の出席者から「ファイザー社の契約書の契約内容や日本への供給時期を教えてほしい」と要望が相次いだが、
    担当者は、「契約書の内容はお答えできません」と突っぱねたという。

    PTの事務局長を務める古川俊治参院議員は「会合を通じて契約内容についての情報が提供されなかった」と認める。

    これから供給契約を締結するのだとすると、日本は今後、計画しているとおりの量のワクチンを入手できるのだろうか。
    前出の政府関係者は暗い見通しを語る。

    「国民に確実に供給できるのは2月12日にファイザー社から成田空港に届けられた第1便の約20万人分だけで、それ以降は不透明です。
    つまり、政府はワクチン確保に失敗している。G7でワクチン接種を開始できていないのは日本だけですから、
    日本の交渉と契約がいかにいい加減だったか、ということだと思います」

    菅義偉首相が「感染対策の決め手」と位置づけるワクチンの確保が「失敗」とは、ただごとではない。
    政府は6月末までに全国民に提供できる数量のワクチン確保を目指すとしており、これまでに3種類のワクチンについて供給契約を結んでいる。

    米ファイザー社製約1億4400万回分、米モデルナ社製約5千万回分、英アストラゼネカ社製約1億2千万回分の計3億1400万回分だ。
    ワクチンは1人2回接種するので、日本の人口約1億2千万人分をすでに上回る。

    どのワクチンも、開発の成功や国内の承認が前提だが、額面だけをみれば全国民に行き渡るだけの十分な量を確保しているように見える。
    ところが、実際にはそう簡単なものではないという。

    「日本が結んだ契約は供給期限や供給量などの大枠しか定められておらず、他国が結んだ契約のように、途中段階の供給量や時期など細かな決まりがない。
    そのため次回以降の見通しを立てようがないのです。それに、ファイザーとの契約は供給時期が『年内』となっており、政府が目標とする『6月末まで』の記載はありません。
    現在行われているE‌U圏外への輸出規制に対抗できる条項もない。6月末までに全国民分を確保するなど『とても無理』というのが多くの官僚の本音だと思います」(前出の政府関係者)

    これが本当なら、これから始まる接種は、政府の計画どおりには進まない可能性が高い。

    厚生労働省などが1月に示した接種スケジュールによれば、まず、2月17日にも医療従事者1万~2万人向けの先行接種が始まり、
    3月中旬に医療従事者ら約370万人の接種がスタートする。

    その後、3月下旬から高齢者約3600万人、4月以降に高齢者施設の従事者約200万人や基礎疾患のある人820万人の接種が段階的に進められる。

    医療従事者や高齢者らを除く一般の国民はそのあとだ。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cbecb6dafc33c4c875c13f7d5cc2daedd035220a


    (出典 cdn.images-dot.com)


    【【週刊朝日】 コロナワクチン確保に失敗か 「6月末までに全国民分を確保は無理」】の続きを読む

    このページのトップヘ