査や、疾患予防のためのコンドームや注射針配布なども含まれる。 また住宅やコミュニティにおいて、セルフケア、在宅医療介護、生活支援、薬物乱用治療などの医療・ソーシャルケアなどにも携わる。 医療者という職種は、病気や障害を持った人に、専門的知識と技術を行使し、その人がその人として生活できるよう手助け
37キロバイト (4,047 語) - 2020年9月27日 (日) 01:49



(出典 minato-med.or.jp)


在宅で老々介護をしている方もいるそうで、介護者が亡くなったりする事もあり

訪問看護などでも、時間ごとの訪問で対応をしている所もあるらしいです。

訪問看護は老人だけでなく、事故や病気で若い人も介護者が居ないと生活
できない人もいますからね。

1 爆笑ゴリラ ★

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
7/15(水) 9:00配信
朝日新聞デジタル

患者の自宅を訪問して診察する医師

 在宅医療をする診療所などでつくる日本在宅医療連合学会が、新型コロナウイルスの流行で、診療にどのような影響が出たかをまとめた。回答した施設の16%で、スタッフが感染したり感染者の濃厚接触者になったりしていた。

 調査は6月初め、学会に属する医師の約9割の2443人を対象に実施。今年2~5月の4カ月間の状況を聞き、約13%にあたる316人(施設)から回答を得た。316人が所属する医療機関が診ている在宅患者は約5万3千人という。16%にあたる51施設で、医師・職員の感染または濃厚接触があり、このうち12施設は、診療を停止せざるをえなくなっていた。

 82%がガウンやN95マスクといった個人防護具が不足していたと回答。また80%は感染防御のため、訪問診療の滞在時間を短くしようと訪問の前に電話で状態を聞いたり、家の換気を促したりしていた。診療チーム同士の接触をなくす、重症化しやすい患者から診察するなど診療上の調整をしていたのは46%だった。19%の施設は、職員の子どもの預かりを保育園などで拒否され出勤に支障が出るなど、生活上の不利益があったと答えた。


(出典 amd.c.yimg.jp)


https://news.yahoo.co.jp/articles/b5934932469723edabafafb7f04dd3a30f5aa901


(出典 【朝日新聞デジタル】在宅医療スタッフ、16%がコロナ感染や濃厚接触者に [爆笑ゴリラ★])

在宅医療介護は大変なんです。自分も守らなければならないし、お年寄りも守らなければならない。在宅はお年寄りだけでなく障害者も含まれます病気や脳の障害などです。あと事故などで介護者が居ないと生活が出来ない人などです。老人だけじゃない若い障害者でも手足も動かせない寝たきりの方もいますから。筋肉が動かせない方
【【在宅医療】在宅医療スタッフの苦悩・コロナ感染や濃厚接触者に】の続きを読む