(出典 portal.st-img.jp)


東北は地震の影響で2次災害に警戒している。

1 靄々 ★ :2021/02/15(月) 10:56:50.01 ID:d9CdzVaT9.net

爆弾低気圧通過で地震被害の東北は厳重警戒
明日以降は各地で冬の嵐に

今日15日(月)は日本付近を通過中の低気圧が急速に発達し、いわゆる「爆弾低気圧」となります。24時間で40hPa以上の発達が予想され、特に13日(土)の最大震度6強の地震で被害が大きくなった東北は厳重な警戒が必要です。

爆弾低気圧の通過で東北や北海道は暴風に
https://tpf.weathernews.jp/s/topics/movie/0215_850wind.mp4
上空の風の予想

現在、紀伊半島の沖を通過中の低気圧は、南から流れ込む暖かく湿った空気と大陸に控えている真冬並みの寒気との温度差によって、急速に発達をしています。

これから午後にかけては三陸沖を北上しながら発達を続ける見込みで、今夜には中心気圧が964hPaとなる予想です。24時間で40hPa以上低下し、「爆弾低気圧」となります。今夜以降もさらに低気圧は勢力を強め、明日16日(火)朝には北海道付近で950hPa前後と台風並みまで発達する見込みです。

13日(土)の地震で大きな被害が出ている東北や北海道では明日にかけて瞬間的に30~40m/s、もしくはそれ以上の暴風が吹き荒れ、荒天となりますので厳重な警戒が必要です。

東北は土砂災害や雪崩に警戒


(出典 smtgvs.cdn.weathernews.jp)

15日(月)夕方の雨・雪に予想

13日(土)の地震で震度6弱~6強の強い揺れに見舞われた東北では地盤の緩んでいる可能性があります。福島県から宮城県にかけては低気圧周辺の雨雲が通過する夕方が雨のピークで、局地的には1時間に30mmを超えるような激しい雨が降る見込みです。

気象庁は福島県と宮城県、栃木県では大雨警報および土砂災害警戒情報の発表基準を通常より引き下げて運用しています。普段よりも少ない雨量で災害の発生するおそれがありますので、急な斜面には近づかないとともに、早めの避難を行うようにしてください。

また、上空に暖かな空気が流れ込んでいるため気温が高く、積雪が多い山沿いでも雪ではなく雨になる所がほとんどです。雪崩の危険性が高まりますので、併せて警戒が必要です。

※以下略、全文はソースからご覧ください。


https://weathernews.jp/s/topics/202102/150065/
2021/02/15 10:12 ウェザーニュース





2 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/15(月) 10:58:05.76 ID:odZyZU6g0.net

爆弾
とか変な造語をすぐ作るな


4 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/15(月) 11:05:31.84 ID:TBwarvUE0.net

これ数年に一回レベルのヤバい爆低じゃないか?