エフレン・ナバーロ (カテゴリ ワールド・ベースボール・クラシック・メキシコ代表選手)
、一軍では15試合の出場で、打率.209、0本塁打、2打点終わり、全日程終了前の9月28日帰国した。オフシーズンには第2回プレミア12出場するメキシコ代表選出され、アメリカとの3位決定(同17日)でサヨナラ適時打を放つなど、中心打者としてメキシコの3位入賞及び東京五輪出場決定
30キロバイト (2,985 語) - 2021年6月13日 (日) 04:53


メキシコ戦に向けホームラン2回で6対2・7回表までは調子がいいし強いぞ侍ジャパン。
勝ちそうですね、侍ジャパン頑張れー!

1 muffin ★

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/07/30/kiji/20210730s00041000399000c.html

 元プロ野球選手の清原和博氏(53)が30日、自身のYouTubeチャンネル「清ちゃんスポーツ」に動画を投稿。東京五輪の野球で白星発進した侍ジャパンにエールを送った。

 侍ジャパンは28日のドミニカ戦に4-3で逆転勝ち。清原氏は「相手のミスで勝ち星を拾った感じ」と手厳しい。さらに「ドミニカの選手は(日本の選手に比べて)年俸が10分の1ぐらい。消費税ぐらいじゃないですか」と口にして、勝って当然と言わんばかりだ。その上で「勝つとチームは盛り上がる」とまとめて、安どの笑みを浮かべた。

 今後の日本のキーマンに挙げるのは鈴木誠也。清原氏は「昔からイチ押しなんですよ。誕生日が同じで」と明*。初戦は4打数ノーヒットだったが、「たまたまやられただけ。前回の(WBCプレミア12で)MVPをとった時も出だしは悪かったし、これが彼本来のスタート。予選では本気を出さない」と分析し、終盤での活躍を期待した。

 そして31日のメキシコ戦のキーマンに挙げたのは1番の山田哲人。メキシコを「ギャング」と称し、「こっちも飛び道具を出しましょう!」と不敵な笑み。「初戦は先制されてプレッシャーがかかったと思うし、次は山田哲人に先頭打者ホームランを期待したい」と、ヤクルトの“トリプルスリー男”にハッパをかけた。

 最後は「子供たちに夢を与えていただきたい。日本の底力を!」と力強くエールを送り、金メダルの獲得を願った。

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhcD1LjPo8yt_iUb5dR3d8r5m8rSD2r1Nf-NxZJIuHs6KeUvm5iNI3kXH_O_I0eFT3sVXiNQIIzrUo5f2nznl1yJhJ5zklD5fvubpxLgMHw7YCTSrys_T0tB4sWBLezfCBjFN0HaZb_zL2N2yCYXo0c=





10 名無しさん@恐縮です

キメて行こーぜ!


16 名無しさん@恐縮です

飛ぶぞ